スポンサードリンク


赤ちゃんの花粉症が気になるママに、散歩の時も予防する方法!




新サイトに引っ越しました!1秒後に飛びます。

家の中の花粉対策とお散歩時の対策についてご紹介します!

赤ちゃんの花粉症の予防はこんなことに気を付けて。

@部屋の換気時間
花粉が飛び散る時間帯は、昼が一番多く、
日が落ちていくとともに、空気も冷えるので、花粉が
地面に落ちやすくなります。

なので、換気をするなら、午前中の早めの時間がおススメです。


A洗濯物や布団の花粉を払いのける!

花粉は粒子が小さいので目に見えませんが、洗濯物にもたくさん付きます。
特に、湿っている洗濯物に花粉が付くと、湿り気のせいで
花粉が取れません。乾いてから払いのけて取り込みましょう!

布団やシーツを干した場合も同様です。
花粉を払いのけて、取り込んだ布団をさらに掃除機がけをするのも
良い方法ですよね。

アレルギー反応が出てしまったお子さんにはこれくらいしてあげないと、
くしゃみと鼻水で辛い思いをさせてしまいます。

掃除機には、花粉を吸い取る専用の掃除機ヘッドが売っていますので
それを使用すると、布団の掃除機がけが楽ですね!


B大人も赤ちゃんも外出から帰ったら、服をはたいてから入室する


気を付けたいのが、大人の服です。赤ちゃんの服は、
綿100%などのものを選んで着せている場合が多いですが、
大人の服はポリエステルなど静電気を起こしやすい素材であったり、
ウールや毛など花粉が入り込んだら取れにくいものを着ている場合が多いです。

意識してしっかり払いのけてから入室するようにしましょう!


C赤ちゃんのお散歩花粉対策
ベビーカーでのお散歩なら、花粉を防ぐために
レインカバー(透明)をかけてあげるのもいいですよね。
3月になると中国からの黄砂が吹き荒れるので、
黄砂予防にもよいですね。
また、「バギーマスク」といって、バギー全体を覆うマスクが
発売されています。

赤ちゃんにマスクをつけるのは
危険ですし、すぐに外してしまうので、
バギーに着けるタイプが一番おススメですね!

また、散歩は@と同様に、
花粉が舞い散る前の午前中にするのがよいでしょう。

家に帰ったら、顔や手を濡れたタオルで拭いてあげると
より予防効果があがりますよ!
| 赤ちゃんも花粉症になる

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。